トップ → 自己紹介 → 言葉の海の由来 →講座情報 → ホームページへ

2019年11月12日 23:42

【11/9 講座レポ】苦手コクフク作文講座 in ここやる

こんばんは
言葉を通じて人生を豊かにする国語教室「ことばのうみ作文研究所」阿部久美子です。

11月9日の「苦手コクフク作文講座」は、りぶらまつりのため会議室が使えず、
図書館交流プラザ・りぶらから徒歩5分ほどの

岡崎市役所の職員の有志が、ポケットマネーを出し合って空き店舗を借り、
シャッターを開けて街の賑わいを取り戻そうとする取り組みだそうです。

以前、そのメンバーの方とご一緒する機会があったので、Facebookのページを見つけてお借りすることができ、
無事日程の変更をすることなく講座を行うことができました。

う〜ん。10年前には考えられない人と人のつながりができてくるなあ、と、
改めてインターネット(<情報社会)の広がりを実感しています。



さて、今回は、「基本コース1」では10月の学芸会を題材にした日記作文を書きました。

行事の作文でよくあるパターンは、
「わたしは、学芸会でリコーダーをえんそうしました。」
とか、
「学芸会でいちばんがんばったのは、歌です。」
という書き出しです。

でも、これだと、イマイチその子の生き生きした感情が表現されにくいのです。

そこで、
「いちばんおもしろかったセリフは何かな?」
という質問からスタートしました。
自分が言ったセリフの中でいちばん面白かったセリフからその場面を思い出して、
その時の「気持ち」を引き出してみよう、という狙いです。

なかなか面白い作品ができました。


ところで、この「苦手コクフク作文講座」では、ただ文章を書くだけでなく、語彙(ごい)を増やして表現力をつけるための、「ことばの練習」も行っています。

基本コース1では毎回やっていますが、基本コース2では、今回始めてやりました。

今回のテーマは「しりとり」。
「ものの名前」でしりとりをしました。

「モノの名前だけだよ。「コト」はだめね。」
というお題を出すと、それだけで子どもたちは「名詞」を意識し、具体物と抽象物との区別を意識します。

そして、
「き、き、き、、、、う〜ん。もう出てこない。」
という子には、
「物の名前じゃなくても、目に見えるものならOKにしようか。」
という助け舟を出しました。
すると、
「あ、色がある。きいろ、きみどり。」
と、さらに言葉の世界が広がります。

こんな作文教室です。
お申し込み・お問い合わせはこちらからメール
  


Posted by 「言葉の海」 阿部 久美子 │コメント(0)

2019年10月05日 13:35

小中学生苦手コクフク作文講座 in「まちの会議室まざりん」!

こんにちは
言葉を通じて人生を豊かにする国語教室「ことばのうみ作文研究所」阿部久美子です。

「苦手コクフク作文講座」のお知らせです。

いつもはりぶら102Aで開催していますが、10月の第4土曜日の回は、りぶらのイベントが重なり、利用できません。
そこで、りぶら周辺で教室ができるところがないか、探してみました。

すると、結構あるんですね。

そのひとつが、「株式会社まちづくり岡崎」さんが運営する、「まちの会議室 まざりん」です。

まちづくり岡崎さんは、岡崎市康生地区の中心市街地活性化事業として、康生地区の中小企業・商店主のみなさんが立ち上げた事業会社です。
子育て団体の活動場所としての定期利用ができ、地域住民の会合、教室、セミナーなどの利用をすることもできます。


先日見に行ったときも、地域の会合(町内会かな?)をやっていました。

さて、次回「苦手コクフク作文講座inまざりん」のお知らせです。
10月26日(土)15:00〜16:00 基礎コース、16:30〜17:30 応用コース2
場所:「まちの会議室 まざりん」 愛知県岡崎市康生通東1丁目21 みどりや2F
受講生の方は、お間違えのないようにお願いします。
見学希望の方、お申し込み・お問い合わせはこちらからメール
よろしくお願いします。
--- --- --- --- --- --- --- ---
ことばのうみ作文研究所 2019秋学期 まだ残席ございます。

お問い合わせ、ご見学もOKです。
ご連絡をお待ちしております。

お申し込み・お問い合わせはこちらからメール

◆小中学生苦手コクフク作文講座inりぶら
     会場:岡崎市図書館交流プラザ りぶら会議室102A
■第2土曜日 9月14日、10月12日、11月9日、12月14日、1月11日(全5回)
基本コース1 13:30~14:30 (60分)年長~小2(ひらがな、カタカナが書ける子〜)
 『日記を書こう』
・「今日、何をした」だけではない、その時その時の感情や情景を書けるようになります。
・定員6名

基本コース2 15:00〜16:00 (60分)  小3〜中3 
 『日記作文を書こう』
・テーマを決めた短い作文をたくさん書くことを目指します。1月の最終回には、年始のめあて、年間のまとめ、頑張った自分をほめる「ほめほめ作文」など、学校でのまとめ学習に役立つものを予定しています。
・定員6名

応用コース1 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名

■第4土曜日 9月28日、10月26日、11月23日、12月21日(第3週)、1月25日(全5回)

基礎コース(幼児〜小1)15:00〜16:00(60分) 
『ことばのれんしゅう』
・作文に入る前の、言葉の力を養うコースです。定員2名。

応用コース2 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名
お申し込み・お問い合わせはこちらからメール  


Posted by 「言葉の海」 阿部 久美子 │コメント(0)

2019年10月02日 23:53

お腹いっぱいになりました〜桜街茶房〜集いの大林店

カテゴリ:◆つれづれ日記
こんばんは
言葉を通じて人生を豊かにする国語教室「ことばのうみ作文研究所」阿部久美子です。

岡崎市内の小中学校は、今日から3日間「キッズデイズ」と称する秋休みです。
小学校の球技大会、中学校の新人戦が、この時期に行われます。

我が家にも中学生がいますが、今日は一日オフということで、午前中で仕事を終わらせて、一緒に遅めのランチに出かけました。
ついでに豊田の精文館書店に行きたかったので、国道248号線を北に向かって出発!

豊田市に入ってすぐに看板を見つけたので入ってみました。

桜街茶房〜集いの大林店


手前がピクニックバスケット。
サンドイッチ、ゆで卵、鶏の唐揚げ、とうもろこし、ポテトチップスにタコさんウインナー。
ボリュームたっぷりです。ドリンクとデザートがセットになっていて、このあと、デザートにフルーツワッフルボウルが出てきます。


あとから出てきたワッフルは焼きたてサクサクハート

3時にお店に入ったので、お腹がペコペコだったのですが、ムスメもしっかりと栗白玉ぜんざいを頼んだので、シェアするのもしんどいくらいお腹いっぱいになってしまいました。

あれ、昨日ダイエットとか言ってたような、、、

まあ、明日から

それではお休みなさい。
--- --- ---
ことばのうみ作文研究所 2019秋学期 まだ残席ございます。

お問い合わせ、ご見学もOKです。
ご連絡をお待ちしております。

◆小中学生苦手コクフク作文講座inりぶら
     会場:岡崎市図書館交流プラザ りぶら会議室102A
■第2土曜日 9月14日、10月12日、11月9日、12月14日、1月11日(全5回)
基本コース1 13:30~14:30 (60分)年長~小2(ひらがな、カタカナが書ける子〜)
 『日記を書こう』
・「今日、何をした」だけではない、その時その時の感情や情景を書けるようになります。
・定員6名

基本コース2 15:00〜16:00 (60分)  小3〜中3 
 『日記作文を書こう』
・テーマを決めた短い作文をたくさん書くことを目指します。1月の最終回には、年始のめあて、年間のまとめ、頑張った自分をほめる「ほめほめ作文」など、学校でのまとめ学習に役立つものを予定しています。
・定員6名

応用コース1 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名

■第4土曜日 9月28日、10月26日、11月23日、12月21日(第3週)、1月25日(全5回)

基礎コース(幼児〜小1)15:00〜16:00(60分) 
『ことばのれんしゅう』
・作文に入る前の、言葉の力を養うコースです。定員2名。

応用コース2 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名  


Posted by 「言葉の海」 阿部 久美子 │コメント(0)

2019年10月01日 21:14

白彼岸花がきれいでしたよ

カテゴリ:◆つれづれ日記
こんにちは 
言葉を通じて人生を豊かにする国語教室「ことばのうみ作文研究所」阿部久美子です。

今日は、健康保険の特定健診の保健指導に行ってきました。
(いわゆる「メタボ」の指導です。がーん

ダイエットしましょうということにはなっているのですが、一時は落ちたものの、今日の計測の結果は、半年前と、ほとんど変化なし。

保健師さんとの面談で、ストレスですかねえ、なかなか運動もできないし、おやつは少し減らしたけど、朝食は逆に規則正しく食べてます、、、etc.

今後も、晩御飯を遅くに食べることだけは気をつけてね。ということで終了しました。

でも、ブログにカフェ画像はアップするんですよねえ〜

大丈夫か、、、私。


気を取り直して、検診センターの近くの植え込みに咲いていた白彼岸花の写真をup。



秋ですねえ。
――― ーーー ーーー ーーー
ことばのうみ作文研究所 2019秋学期 まだ残席ございます。

お問い合わせ、ご見学もOKです。
ご連絡をお待ちしております。

◆小中学生苦手コクフク作文講座inりぶら
     会場:岡崎市図書館交流プラザ りぶら会議室102A
■第2土曜日 9月14日、10月12日、11月9日、12月14日、1月11日(全5回)
基本コース1 13:30~14:30 (60分)年長~小2(ひらがな、カタカナが書ける子〜)
 『日記を書こう』
・「今日、何をした」だけではない、その時その時の感情や情景を書けるようになります。
・定員6名

基本コース2 15:00〜16:00 (60分)  小3〜中3 
 『日記作文を書こう』
・テーマを決めた短い作文をたくさん書くことを目指します。1月の最終回には、年始のめあて、年間のまとめ、頑張った自分をほめる「ほめほめ作文」など、学校でのまとめ学習に役立つものを予定しています。
・定員6名

応用コース1 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名

■第4土曜日 9月28日、10月26日、11月23日、12月21日(第3週)、1月25日(全5回)

基礎コース(幼児〜小1)15:00〜16:00(60分) 
『ことばのれんしゅう』
・作文に入る前の、言葉の力を養うコースです。定員2名。

応用コース2 16:30〜17:30 (60分)  小4~中学生 
『テーマ作文で目指せ50作文!』
・短い作文をたくさん書いて、5回のコースで50作文を目指します。毎回異なるお題で書くことにより、発想力を鍛えます。また、年度のまとめに向けて、自分の良いところや成長したところを見つけ、「自己肯定感」を育てます。
・定員6名

お申し込み・お問い合わせはこちらからメール  


Posted by 「言葉の海」 阿部 久美子 │コメント(0)

2019年09月15日 13:07

秋学期開講しました【9/14 開催レポート】

おはようございます。

言葉を通じて人生を豊かにする国語教室「ことばのうみ作文研究所」阿部久美子です。

昨日、「苦手コクフク作文講座』の秋学期が始まりました。



基本コース1、基本コース2ともに1名ずつのスタートでしたが、付添いのお母さんからお子さんの様子をお聞きしたり、困りごとや要望などをゆっくりお聞きすることができました。

基本コース1の小2の男の子は、担任の先生から仮名遣いの間違いが多いことを指摘され、
「どうしたらいいでしょうか?」
とのご相談。
そこで、まず自己紹介の作文を書いてもらって、何をどの程度間違えるのかを確かめました。

なるほど、、、

対策の立て方がわかりました。
3年生になると学習量が格段に増えるので、2年生のうちにこれとこれをしましょうねと、お母さんと相談しました。

基本コース2の小3の女の子は、
「ことばが少ないんです。」
というお母さんからのご相談。

本人に「作文、好き?」「国語は、すき?」と聞くと、両方とも小さい声で「ううん」と首を振りました。

「正直でよろしいにっこり

と、褒めました。

自分が苦手で嫌いだと分かっていて、それでもお母さんにうまいこと(だまされて?)連れてこられたね。

正直、渋い顔をしていましたが、素直に言うことを聞いてくれるので、指導のし甲斐があるなと思いました。

今回は、こんなワークシートを使いました。


マインド・マップという発想法の手法を使って、作文の「ネタ」を探し、そのネタについて質問します。
「自分はこんな子だよ、こんなすごいところがあるよと、先生に教えて下さい。」
と言うと、
「え〜、あるかなあ。」
といいながら、「じまんできることは」の項目を見ると、「しょうじょう、、、」と小さい声で。

「え? どんな賞状? 何でもらったの?」
「マラソン大会」
「あ、とくいなことは『走ること』って書いてあったね。」
と、話しながら、一つずつ自分の言葉で文にしてもらい、
「はい、忘れないうちにそれをすぐ書いて!」
と声をかけながら書いていきました。

表現が多少おかしくても気にしない。
最後まで書き切ると、
「ここちょっと直そうか。」と声をかけました。すると、
「あ、じゃあ、これも直したら良いと思う。」
と、どんどん自分で添削をはじめました。

そばで見ていたお母さんは、
「今まで見直しなんてしたことなかったのに。」
とびっくりです。

終わってからの感想を聞くと
「おもしろかった。」

また来てくれるそうです。

ーー
まだ残席ございます。途中からの受講OKです。
少人数で丁寧に指導いたします。

作文に不安があるお子さん、学習全般に対するご相談もお受けします

小学校、中学校、高校で現場の子どもたちを見続けて30年。
12の学校、延べ3,000人以上の子どもたちを指導した経験で、
お子さんの困りごとを見つけます。

また、子育ても、長男を0歳組で保育園に入れてから20年度継続で在籍し、役員4回。
小学生母20年。やっと、この3月に旗当番が終わりました笑顔汗
子供会、学童保育、小中学校PTA、学区社会教育委員会役員など、経験人脈ともに豊富に持っていますので、
保護者の方の困りごとの相談窓口をお教えすることもできます。

お気軽にご相談ください。
  


Posted by 「言葉の海」 阿部 久美子 │コメント(0)